2010年04月16日

郵便受け物色を専門、窃盗100件以上(読売新聞)

 神奈川県警戸部署は12日、住所不定、無職小林剛之容疑者(32)を窃盗容疑で逮捕した。

 同署幹部によると、小林容疑者は2月25日午後2時55分頃、横浜市西区平沼のマンション1階の郵便受けから、住人の男性会社員(45)がインターネットで購入し、封筒で送られた名古屋市交通局発行の記念プリペイドカード5枚(計5000円相当)を盗んだ疑い。

 小林容疑者はその後、同区内の金券ショップでカードを換金した。その際に住所や氏名などを記入した書類や、マンションの防犯カメラの映像などから、小林容疑者が浮上した。

 西区では昨年5月7日から今年2月下旬まで、マンションなどの郵便受けから、記念切手やプリペイドカードなどの郵便物(計7万8000円相当)が盗まれる8件の被害が確認されており、同署は連続窃盗事件として捜査していた。

 調べに対し、小林容疑者は「生活が苦しく、07年頃から西区を中心に100件以上、郵便受けを物色して金目になりそうなものを盗んでいた」と供述しているという。

パトカーの覚せい剤、3年前に移送の男が隠す(読売新聞)
川崎マンション火災 重体の4歳次男死亡 死者3人に(産経新聞)
野口さん、物資コンテナ入室=山崎さんが搬送責任者(時事通信)
川崎マンション火災 3歳の双子死亡、祖母は重体(毎日新聞)
白昼に発砲、暴力団抗争か…福岡・大牟田市(読売新聞)
posted by オサナイ キヨヒコ at 20:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

男らを殺人容疑で再逮捕へ=車内に監禁、暴行後放置−公園前路上の男性遺体・警視庁(時事通信)

 東京都国分寺市の市立黒鐘公園前の路上で、住所・職業不詳の中川公太さん(22)の遺体が見つかった事件で、警視庁小金井署捜査本部が5日にも、逮捕監禁容疑で逮捕された職業不詳高橋和範容疑者(28)=立川市錦町=ら男6人について、殺人容疑で再逮捕する方針を固めたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査本部は、ほかに男数人が中川さん殺害に関与したとみて、行方を追っている。
 捜査関係者によると、乗用車内に監禁された中川さんは、遺体が見つかった路上とは別の場所でいったん車から降ろされ、バットのような物で頭を殴られるなどの暴行を受け、死亡したという。
 中川さんは先月15日午前5時50分ごろ、遺体で発見された。直前に放置されたとみられる。 

【関連ニュース】
鉄工会社従業員、死体遺棄で逮捕=社長殺害もほのめかす
「自分があやめた」と供述=30代の韓国人、身元特定急ぐ
スーツケース遺体遺棄で男逮捕=60歳、殺害もほのめかす
逮捕男の車内から血液=東京・福生の路上殺害
母親を鑑定留置=2カ月娘揺さぶり殺害

山中に犬100匹の死骸遺棄 服着たまま、大半ペットか 埼玉(産経新聞)
日米首脳、夕食会で隣席へ=核安保サミット(時事通信)
強盗殺人で無職男に無期懲役=酒店主襲い5万円奪う−千葉地裁(時事通信)
インフラ輸出に意欲=3日の日中財務対話で−菅財務相(時事通信)
子ども手当「外国人に590人分支給」 「まったくのデマ」で騒ぎに(J-CASTニュース)
posted by オサナイ キヨヒコ at 02:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

<核兵器廃絶>プラハ演説から1年 被爆者、決意新たに(毎日新聞)

 オバマ米大統領が「核兵器のない世界を目指す」と宣言したプラハ演説から、5日で1年。被爆者らの期待が高まる中、核廃絶への道のりは容易ではない。5月に米ニューヨークである核拡散防止条約(NPT)再検討会議を前に、被爆者は「核兵器廃絶に一層の追い風を」と、決意を新たに海外へ証言活動に向かう。

 「プラハ演説は、被爆者にとって非常に大きな追い風だった」。爆心地から約900メートルの県立広島第一中学(現広島国泰寺高校)校舎内で被爆した兒玉(こだま)光雄さん(77)=広島市南区=は振り返る。ロシアと新たな核軍縮条約に合意したオバマ大統領の理念や行動力を評価する。

 兒玉さんは16日、NGO(非政府組織)「ピースボート」が企画した船に被爆者ら10人で乗り込み、20カ国での被爆証言に向かう。これまで被爆体験を語ることはあまりなかったが、「最後に残った者の務め」と思い立った。崩れ落ち、炎が迫る校舎の下敷きになり、「天皇陛下、万歳」と叫び、君が代や校歌を歌っていた友の声が、今も耳から離れない。

 自身も60歳の時に直腸がん、その後も胃や甲状腺などに、がんが次々と見つかった。「60年たっても体をむしばみ続ける放射線の怖さを、世界中の人たちに分かってほしい」と、自分の傷ついた染色体の写真を見せて核廃絶を訴えるつもりだ。「米国の核の傘をどのようにたたむか。日本もイニシアチブをとっていかなければいけない」と力を込める。

 原爆症認定集団訴訟の原告、川中優子さん(65)=岡山県倉敷市=は、日本被団協の一員として、NPT再検討会議に合わせて渡米し、初めて海外で被爆体験や苦しみを語る。川中さんはオバマ大統領が「道義的責任」という言葉を持ち出したことに、「とても勇気づけられた」と言う。「原爆被害は体だけではなく、一生心の苦しみが続く。二度とあってはいけないということを、若い人の記憶にずっと残るように伝えたい」と語る。【加藤小夜】

東方神起が活動休止(時事通信)
子ども手当、早くも相次ぐ外国人の問い合わせ(産経新聞)
「海兵隊、沖縄に必要」平野氏が県内移設明言(読売新聞)
副会長は中川、横倉、羽生田の3氏ー日医役員改選(医療介護CBニュース)
警察庁長官「再発防止策の徹底をはかる」 足利検証(産経新聞)
posted by オサナイ キヨヒコ at 14:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。