2010年04月27日

団鬼六さんが食道がん公表(時事通信)

 作家の団鬼六さん(79)が食道がんになっていたことが23日までに分かった。発売中の「小説新潮」5月号に掲載された手記「残日録・春―我、ガンになりたり」で公表した。
 今年1月、のどに異常を感じ、検査して分かった。「5年生存率が60%」と言われた手術は受けずに、「同20%」の放射線治療を選んだという。自身のホームページでは22日付でコメントを発表。「治療経過、至って良好。我は死なぬ為に延命するは望まず。大いに仕事し、大いに楽しみ、生を満喫するために死ぬまで生きることを欲す」などと記している。
 団さんは慢性腎不全も患っており、当初人工透析を拒否したが、約3年前から同治療を受け入れ、執筆を続けている。 

【関連ニュース】
反対集会に1万5000人=「島の未来、壊さないで」
地球1周マラソンを一時中断=間寛平さん、治療のため米国へ
最期まで執筆に意欲=3女でこまつ座社長の麻矢さん
受け入れ拒否が大幅減=救急搬送で妊婦・新生児
がん治療費、年133万円=患者7割「負担大きい」-NPO調査

<福知山線脱線>足に後遺症の23歳、作業療法士の夢に一歩(毎日新聞)
事業仕分け:自動車アセスメントに厳しい判断(レスポンス)
シバザクラ 40万株が見ごろに 埼玉・秩父の羊山公園(毎日新聞)
渋谷に新名所、24年春開業 高さ182メートル「ヒカリエ」(産経新聞)
皇太子さま、奈良入り=復元大極殿を視察(時事通信)
posted by オサナイ キヨヒコ at 23:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。