2010年06月18日

帯状疱疹後神経痛治療剤リリカカプセル、22日に新発売(医療介護CBニュース)

 ファイザーとエーザイは6月11日、従来の疼痛治療薬とは異なる作用機序を持つ帯状疱疹後神経痛治療剤リリカカプセルを22日に新発売すると発表した。両社で共同販促活動を行う。ピーク時の2019年度の売上高は84億円を見込んでいる。

 剤形は25mg、75mg、150mgの3種類で、薬価はそれぞれ100.50円、167.10円、229.00円。用法・用量は通常、成人には初期用量として1日150mgを2回に分けて経口投与し、その後1週間以上をかけて、1日300mgまで漸増させる。年齢や症状によって適宜増減するが、1日600mgを超えないこととし、いずれも2回に分けて経口投与する。
 現在、国内では末梢性神経障害性疼痛の適応についても承認申請中で、線維筋痛症についても開発を進めている。

 同剤は、欧米で帯状疱疹後神経痛を含む神経障害性疼痛の薬物治療ガイドライン/アルゴリズムの第一選択薬とされており、世界105か国以上で承認されている。


【関連記事】
リリカ、帯状疱疹後神経痛の「第一選択薬となる薬剤」
【中医協】国内初のGLP−1受容体作動薬などの薬価が決定
「新生ファイザーで多角化を一段と強化」
未承認薬・適応外薬の開発要請、最多はファイザーの7件
国内医療用医薬品が2ケタ増収―エーザイ

九州の雨、さらに激しく=近畿、東海にも―気象庁(時事通信)
客に偽装結婚させ融資申請、4000万円詐欺(読売新聞)
生まれ故郷で笑顔、菅首相が山口・宇部を訪問(読売新聞)
<自民党>河野幹事長代理、執行部刷新求める(毎日新聞)
シー・シェパード元船長に懲役2年を求刑(読売新聞)
posted by オサナイ キヨヒコ at 15:15| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。